30代の人妻はかなりの需要があると確信

出会い系サイトで出会いを求めることが自分の人生に起こるなんて、今までに考えたこともなかったのに、今ではそこで知り合った人との束の間のひと時に癒しを感じたり、人から必要とされているんだという気持ちになるくらいはまってしまっています。

 

私自身、34歳という周りからしたらスロースタートでの結婚をし、これから夫と一緒に幸せな家庭を作っていくんだと思っておりました。

でも、実際に結婚してみて感じたのは、夫の関係は結婚2年ですでに老夫婦のような関係、というよりも私が男性として夫を見られなくなってしまったんです。
いい人だとは思います。

結婚を焦って入籍したわりに、いい人を捕まえられたとは自負しています。
でも、やっぱり好みの人ではない男性に魅力を感じるか、性的な興奮を覚えるのかというと、体と心が違う反応をしたんです。

淡白な夫は、私が何度か夜の誘いを断ることで察したのか、ごくごくたまにしか誘わなくなりました。

 

私はそのことに安堵しつつ、昼日中にパソコンで出会い系サイトの男性を食い入るように見ては、この人ともし出会っていたら私はどんな人生を送っていたんだろう、出会い系サイトなんて縁がないと思い込んで活用しなかったことを悔いていました。

 

もう少し踏み込んで検索したいという興味からサイトに登録してみた結果、私みたいな普通の主婦にもメールが届いたこと、やり取りは思った以上に弾み、会いたいと言ってくれる人がいることに心と体が動いてしまいました。

 

 

初めての相手は、6歳年下の男性、会社を自分で経営している、癒しが欲しいという理由での利用、私を必要とされているんだと思う気持ちと、頭の中では、もし彼に抱かれることになったら、という妄想が止まらず、下着を新調してまで待ち合わせに臨みました。

 

誘ってくれないと自分からは言い出せない、言い出してはいけない、と思いながらも、会ってすぐからなぜかもう最後までの関係になることを想定していました

案の上、昼前に待ち合わせをして軽めのランチをし、ぶらぶら歩きながら世間話をしていたんですが、その行く先にラブホテル街があることは私の中ではわかっていて、微妙な距離を保ちながらもおたがい暗黙の了解で進んでいきました。

 

ラブホテルなど久しぶりでしたが、私は恥ずかしい話、その時点でもう性的欲望を抑えられる精神状態ではなくなっていて、彼がエレベーターで私の腰を抱いた瞬間から、夫に感じたことのない性欲を彼にぶつけることを抑えられなくなっていました。

どちらかと言うと、乱暴で愛のないセックスをする男性でしたが、顔を体がタイプだったことで私は自分の欲求を満たすために彼に必死でしがみつき、たくさんキスをして腰を押し付けていきました。

 

とにかく夢中で彼の動きに合わせて体を突き動かし、奥から快感を呼び起こしたことで、久しぶりに本気でイクことができたんです。

 

妊娠するなら夫の子どもだとは思っているので、避妊だけはちゃんとしてもらい、それ以外に罪悪感はなく、むしろほっとしたというか、妙な自信のようなものを取り戻せた快感がありました

 

男性はわかりやすく態度を変えて先に帰るわと出ていきましたが、私は追うこともなく、身支度して外に出たとき、満たされた気持ちでした。

 

その後も、出会い系サイトで適当にタイプの男性とメールのやり取りを楽しんでは、近くでデートの約束をし、そのまま関係を持つということを繰り返すようになりました。

 

一生続けるつもりはなく、でも、今の自分にはなんとなく出会い系サイトブームがきている感じです。

ほとんど素性も知らないことがすごく楽、女性として性の対象に見てもらえること、自分も奥から湧いてくる満たされたい気持ちを満たしたいんです。

うずうずしてきたらサイトでセックスをするためだけの男性を探すというのが私の今の日課でもあります。

 

意外にも人妻、30代前半の新婚妻は出会いに困らないというのがわかりました。

相手の男性には私が深い仲を求めているのではないというのを理解してもらうのがやり取りの中でも重要で、その日を楽しめればいい、お時間を取らせませんという感じで、はじめから大人の関係と割りきってもらうところですんなりと出会いに繋がっているんだと思います。

 

 

今の30代の女性は20代とそんなに見た目も変わらないし、出産していないのでスタイルも維持できています。

下手に独身の女性を口説くよりも需要があるんじゃないかと思えます。

プライベートなことを話すよりも、軽口を叩ける、お互いに深く考えないで出会えるのがサイトの利用方法として正解だと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です